株式会社YOKAROの運営する一般乗合旅客自動車運送事業に関する運送契約は、一般乗合旅客自動車運送事業標準運送約款(以下、「約款」とする)の定めるところにより、この約款に定めのない事項については、法令の定めるところ又は一般の慣習によります。この約款の趣旨、法令及び一般の慣習に反しない範囲でこの約款の一部条項について特約に応じたときは、当該条項の定めにかかわらず、その特約によります。

第1条(本規約の目的)

YOKAROバスユニオン(以下、「当組合」といいます)は、YOKAROバスの運行、物販等の当組合が提供するサービス(以下、「当組合サービス」といいます)の利用について、会員規約(以下、「規約」といいます)を定めるものとします。

 

第2条(定義)

本規約において、以下の用語は本条項に定める意味を有するものとします。

1.「会員」とは、本規約に同意の上、所定の方法により会員登録をした個人をいいます。

2.「当組合サービス」とは、株式会社YOKAROが運営するYOKAROバスの運行、物販、「www.yokaro.co.jp」等の各種ウェブサイト(以下、「YOKAROサイト」といいます)において当組合が提供する会員向けの各種サービスをいいます。

3.「会員情報」とは、会員が当組合に開示した会員の属性に関する情報および会員の取引に関する履歴等の情報(プライバシーポリシー第1条により収集された情報を含みます)をいいます。

4.「ID・パスワード」とは、会員個人を特定する番号もしくは英数字の組み合わせからなる文字と数字の羅列を指します。

5.「クッキー」とは会員がYOKAROサイトを利用したときにブラウザとサーバとの間で送受信される、会員によるサービスの利用履歴や入力内容などを当組合が取得するために、会員のコンピュータにファイルを保存しておく仕組みを指します。

6.高速バス乗車時にご利用の場合は、特殊定期券扱いとし約款に準じます。

 

第3条(会員)

1.会員は、当組合が定める条件に従って、当組合サービスを利用することができます。ただし、別途当組合が定める事項の登録を必要とする場合があります。

2.会員は、会員としての地位およびサービスの利用により当組合に対して取得した一切の権利を譲渡、転貸、担保差入その他形態を問わず処分することはできません。

3.入会資格は、2歳以上の個人の方(2歳以上18歳未満の入会にあたっては、本会員規約を遵守でき、かつ保護者の承諾が必要をいたします。)又は、法人登録をされた企業(会社)を入会資格とします。

4.会員資格は、会費を支払った日(以下、「入会日」という)から一定期間とします。なお、入会日から一定期間経過後の1ヶ月前から更新の手続きが出来る事とし、一定期間会員資格が延長されるものとします。以降、同様とします。

5.当組合は会員に対し、会員番号および写真、会員の氏名を印字したYOKAROカード(以下、「会員カード」といいます)を発行し、貸与いたします。当組合サービスの利用は、会員カードの到着後から会員カードを提示、またはYOKAROサイトでメールアドレス・パスワードを入力することで可能になります。

6.会員カードの紛失・盗難・破損または滅失などにより会員カードが利用できなくなった場合再発行手続きを取るものとします。この場合会員は会員カード再発行手数料として500円(税込)を納付するものとします。

 

第4条(入会方法及び会費支払い方法)

1.入会方法は、インターネットからのオンライン登録または、書面による申込その他申込書を本社及び事務局へFAX、事務局窓口での申し込みが可能です。

2.会費納付方法は各号のいずれかとします。

 ・事務局受付窓口での現金支払い

 ・当組合の指定する金融機関口座への振込(手数料自己負担)

 ・その他、当組合が指定する支払い方法による納付(クレジット決済等)

3.カード発行手数料は、カード1枚につき500円(税込)が必要です。

4.入会後の返金は、一般乗合旅客自動車運送事業約款に従い計算し金額を確定した上、返金手数料として別途500円(税込)、返金に伴う振込手数料もお客様負担といたします。

 

第5条(メールアドレス・パスワードの管理)

メールアドレス・パスワードは、他人に知られることがないよう会員本人が責任をもって管理してください。入力されたメールアドレスおよびパスワードが登録されたものと一致することを所定の方法により確認した場合、会員による利用があったものとみなし、それらが盗用、不正使用その他の事情により会員以外の者が利用している場合であっても、それにより生じた損害について当組合は一切責任を負いません。サービスを安全に使用するために定期的なメールアドレス・パスワードの変更をおすすめします。

 

第6条(登録情報の変更)

登録した情報に変更が生じた場合は、当組合所定の手続により速やかに変更登録をお願いいたします。変更登録がなされなかったことにより生じた損害について、当組合は一切責任を負いません。また、変更登録がなされた場合でも、変更登録前にすでに手続がなされた取引は、変更登録前の情報に基づいて行われます。

 

第7条(会員の退会)

会員が退会を希望する場合には、当組合にその旨を届け出、当組合所定の退会手続の終了後に、退会となります。その場合の返金希望につきましては第4条4.によります。

 

第8条(当組合の免責)

1.通信回線やコンピュータなどの障害によるシステムの中断・遅滞・中止・データの消失、データへの不正アクセスにより生じた損害、その他当組合のサービスに関して会員に生じた損害について、当組合は一切責任を負わないものとします。

2.当組合は、当組合のウェブページ・サーバ・ドメインなどから送られるメール・コンテンツに、コンピューター・ウィルスなどの有害なものが含まれていないことを保証いたしません。

3.当組合は、会員に対し、適宜情報提供やアドバイスを行うことがありますが、それにより責任を負うものではありません。

4.会員が本規約等に違反したことによって生じた損害については、当組合は一切責任を負いません。

5.当組合は、天災地変、法令の制定改廃、行政指導、社会情勢や経済情勢の著しい変化その他やむを得ない事由が発生した場合には、バスの運行及びその利用を制限す ることがあります。この場合、会員は当組合に対し、補償その他何等の請求、異議申し立てをすることはできないものとします。

6.迷惑メール等の設定をし、当社から送信されているメールを受信出来ない状態にある場合によって生じた損害については、当組合は一切責任を負いません。

 

第9条(禁止事項)

本サービスの利用に際して、会員に対し次の各号の行為を行うことを禁止します。

1.法令または本規約、YOKAROサイトご利用上のご注意、当組合での予約・購入についてのご注意その他の違反等に対すること

2.当組合、サービス提供者およびその他の第三者の権利、利益、名誉等を損ねること

3.青少年の心身に悪影響を及ぼす恐れがある行為、その他公序良俗に反する行為を行うこと

4.他の利用者その他の第三者に迷惑となる行為や不快感を抱かせる行為(大声で話す・刺激臭の強い食品を持ち込むなど)を行うこと

5.虚偽の情報を入力すること

6.有害なコンピュータプログラム、メール等を送信または書き込むこと

7.当組合のサーバその他のコンピュータに不正にアクセスすること

8.メールアドレスおよびパスワードを第三者に貸与・譲渡すること、または第三者と共用すること

9.会員カードの貸与・不正利用は約款に準じて処理いたします。

 

第10条(クッキー等について)

1.当組合は、会員としてYOKAROサイトにアクセスしたことを認証するため、会員のアクセス履歴および利用状況の調査のため、その他会員に最適のサービスを提供するために、会員が当組合のサーバにアクセスする際のIPアドレスに関する情報、携帯電話端末でアクセスした場合には携帯端末の機体識別番号に関する情報、およびクッキー(cookie)の技術を使用して会員のアクセス履歴等に関する情報を収集します。

2.会員が会員としてサービスを利用するためには、前項を承諾し、クッキーを受け付けることが条件となります。したがって、ブラウザでクッキーを拒否するための設定を行った場合、会員としての各サービスの利用ができませんのであらかじめご了承願います。

 

第11条(会員情報の取扱い)

当組合は、当組合のプライバシーポリシー(http://yokaro.co.jp/privacy.html)に従い、個人情報を取り扱います。

 

第12条(サービスの利用)

各サービスの利用に際しては、当該サービスの利用規定に、あらかじめ同意していただく必要があります。

 

第13条(サービスの中断・停止等)

当組合は、サービスを常に良好な状態でご利用いただくために、システムの定期保守や緊急保守を行う場合、システムに負荷が集中した場合、サービスの運営に支障が生じると当組合が判断した場合、会員のセキュリティを確保する必要が生じた場合、その他必要があると判断した場合には、事前に通知することなく、サービスの全部または一部の提供を中断または停止する等の必要な措置を取ること ができるものとします。この場合に会員に生じた損害について、当組合は一切責任を負わないものとします。

 

第14条(会員の利用停止・会員資格取消)

1.当組合は、会員が次の各号に該当すると判断した場合には、事前に通知することなく当該会員によるサービスの利用停止、当該会員のパスワードの変更、または当該会員の会員資格の取消しを行うことができるものとします。これにより会員に何らかの損害が生じたとしても、当組合は一切責任を負わないものとします。

(1) 会員に法令や本規約等に違反する行為があった場合

(2) 一定回数以上のパスワードの入力ミスがあるなど会員のセキュリティを確保するために必要な場合

(3) その他当組合が適当と判断した場合

2.前項のほか、会員が当組合の定める一定の期間内に一定回数のログインを行わなかった場合は、当組合は、事前に通知することなく当該会員のパスワードの変更または会員資格の取消しを行うことができるものとします。

 

第15条(サービスの変更・廃止)

当組合は、その判断によりサービスの全部または一部を適宜変更・廃止できるものとします。

 

第16条(損害賠償)

1.会員は、故意、過失を問わず、当組合並びに他の利用会員に損害を与えた場合は、その損害を賠償しなければなりません。

2.会員は、事故・渋滞・災害等やむを得ない理由により、バスが予定通り運行出来ない場合は、損害に対する請求を放棄します。

3.会員はバスが事故を起こし、会員に身体的・精神的障害を負った場合、バスに掛けられている保険内での補償以外に補償を請求しないこととします。

4.当組合が提供するバスサービスを利用する会員は、1~3項に記載の事項の他、 道路運送法の定めにより当組合が認可を受けている一般乗合旅客自動車運送事業約款による運送契約を締結したこととなり上記約款の規程に従わず他の利用客及び第三者並びに当組合に損害を与えた場合はその損害につき賠償する責任を負うこととします。

 

第17条(本規約の改定)

当組合は、本規約を任意に改定できるものとし、また、当組合において本規約を補充する規定(以下「補充規定」といいます)を定めることができます。本規約の改定または補充は、改定後の本規約または補充規定を当組合所定のサイトに掲示したときにその効力を生じるものとします。この場合、会員は、改定後の規約および補充規定に従うものといたします

 

第18条(準拠法、合意管轄)

本規約は日本法に基づき解釈されるものとし、本規約に関し訴訟の必要が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所といたします。

以上

制定 平成27年7月1日

改訂 平成27年7月18日

 

YOKAROバスユニオン

 

YOKAROバスサービス利用規定

第1条(目的)

本規定はYOKAROバスユニオン(以下、「当組合」といいます)が、株式会社YOKAROが提供する高速乗合バスサービス(以下「バス」といいます)の利用について定めるものです。運行に関しては約款に準じます。

 

第2条(利用条件)

1. 2015年の料金改定以降は、利便性に応じ、自由・先着順乗車とします。但し、予約料を支払うことによって座席確保ができるものとします。

2. 予約(有料)については、電話・窓口で予約(有料)する事ができ、座席の確保が出来るものとします。尚、予約(有料)受付は乗車の1カ月前の午前9時から前日17時までとします。予約(有料)の取消は午後3時(15:00)までとします。

3. 予約(有料)について申し込み受付の順番を優先すると共に定員をもって予約受付を終了すること。又、予約取消不通知につきましては当組合決定事項従うことに同意することとします。

4. バス乗車時は車内禁煙を守り、同乗の他会員の迷惑となる行為は慎み、乗車中は乗務員の指示に従うこととします。

5. 当組合はバス利用に際し、危険物の持ち込み、商用物資の運搬手段としての使用を禁じます。

6.愛玩「ペット」については、会員と一緒に車内に持ち込む事が出来るものとしますが、膝の上に置く事や専用ケースに確保する等、他の会員にご迷惑が掛からないようにしている事。また、他のお客様にご迷惑が掛かると判断された場合には下車していただく場合がございます。車内に持ち込まれた愛玩が原因での補償に関してはお客様のご負担となりますので、ご了承願います。

(※)愛玩ペットとは、小型犬や小型の猫を指します。

7. ペットはトランク内に限りお持込みいただけますが、以下の点に十分ご留意願います。お持込みされるペットをカゴに入れるなど、他のお客さまのお荷物を破損・汚損しないような措置が講じられている場合に限ります。万が一、他のお客さまのお荷物を破損・汚損された場合は、持込まれたお客さまご自身で弁償していただきますのでご了承願います。

トランク内は目が届かず、また空調設備のない場所でございます。万が一、ペットに異状が発生した場合でも、責任を負いかねますのでご了承願います。

(※)「ペット」とは、盲導犬や聴導犬などの身体障害者補助犬およびそれらと同等能力を有する犬を除く、すべての動物を指します。

8.2歳未満の幼児を同伴する場合は、会員1名につき幼児1名までとし、保護者の膝の上に坐る事とし、他の席を利用する場合についてはバス乗務員の指示に従うものとします。

9.学生割引旅客運賃を適用する範囲は、旅客情報登録者の学校教育法第1条に規定する幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学、高等専門学校及び児童福祉法第39条に規定する保育所に通学する者並びに事業者の指定する学校に通学するものとする。

10.高齢者割引旅客運賃を適用する範囲は、入会時点で旅客情報登録者の全ての満65歳以上を高齢者とする。

11.継続購入に対しては1年間の契約に限り割引を適用するものとする。

12.小児運賃は、12歳以下とし各路線大人当日運賃の半額とする。

13.大人随伴の場合、大人1人に対し小児1人は無料とし、小児2人目からは小児運賃(大人当日運賃の半額)とする。

14.乗車予定時間・場所に5分前には集合すること。また、未到着であっても、バスが予定していた時間に出発する事、交通渋滞等の到着遅れに同意することとします。

15. 利用者は、バスの予約(有料)を最大4件までとすることに同意します。ただし、乗車やキャンセルをすると件数が減少し、新たに予約(有料)をすることが可能となります。

16.キャンセルに関して規定の時間内に取消手続きを行わず、不乗車を繰り返す方は他の会員様のご迷惑となり、会員資格取消に同意します。

17.乗車予定の便に空席が有った場合は会員外でも乗車することが出来ます。ただし、先着順乗車につき満席になり次第終了となります。料金はバス停等の表示金額をご確認ください。

18.自転車は、折りたたみ自転車も含め、専用ケースなどに入れ、他のお客様のお荷物等を汚す事が無いように梱包されているものに限ります。お客様の持ち込んだ自転車により他のお客様のお荷物に損害が及ぶことが有る場合には、持ち込まれたお客様の賠償責任が有る事を了承いたします。

19.天災地変、法令の制定改廃、行政指導、社会情勢や経済情勢の著しい変化その他やむを得ない事由が発生した場合には、バスの運行及びその利用を拒絶することがあります。

 

第3条(本規定の改定)

当組合は、本規定を任意に改定できるものとします。

 

第4条(準拠法、合意管轄)

本規定は日本法に基づき解釈されるものとし、本規定に関し訴訟の必要が生じた場合には、長崎地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所といたします。

以上

制定 平成27年7月1日

改訂 平成27年7月6日

改訂 平成27年7月18日

改訂 平成27年10月30日

 

YOKAROバスユニオン